コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピックウィック症候群 ぴっくうぃっくしょうこうぐん

家庭医学館の解説

ぴっくうぃっくしょうこうぐん【ピックウィック症候群】

 ピックウィック症候群は、高度の肥満、昼間の居眠り、夜間の呼吸の中断が基本的な症状です。睡眠時無呼吸症候群(すいみんじむこきゅうしょうこうぐん)(「睡眠時無呼吸症候群」)の代表ともいえ、強いいびきをかきます。
 原因の大部分は、太ることによって上気道(じょうきどう)が狭くなり、肺に出入りする空気の量が少なくなることです。長期間続くと、筋肉のけいれん、全身の皮膚のチアノーゼ多血症(たけつしょう)(「多血症(赤血球増多症)」)、右心肥大(うしんひだい)や心不全(しんふぜん)がみられるようになります。
 この病名は、患者さんのすぐに居眠りをする状態が、ディケンズの小説「ピックウィッククラブ」に出てくる、太っていて、いつもうとうとし、赤みをおびた顔をしているジョーという少年によく似ていることに由来します。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

ピックウィック症候群の関連キーワード肥満症

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android