コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多血症 タケツショウ

デジタル大辞泉の解説

たけつ‐しょう〔‐シヤウ〕【多血症】

血液の絶対量、特に赤血球が多い状態。赤血球増加症。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たけつしょう【多血症 polycythemia】

末梢の血液に赤血球が増加し,ヘマトクリット値が上昇している状態をいい,赤血球増加症と同じ意味で用いられる。多血症には,全血液中の赤血球数は正常であるが,なんらかの原因で末梢血液で増加する相対的多血症と,総赤血球数が増加する絶対的多血症がある。相対的多血症は,激しい嘔吐や下痢,やけどなどによる脱水や腎臓障害によって体液が失われた結果,見かけ上,赤血球数が増える場合と,本態は不明であるが血液の分布状態に変化が起こって,末梢血液のみに赤血球数が増える場合とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

たけつしょう【多血症】

血液中の赤血球が正常な範囲を超えて増加した状態。骨髄の腫瘍性病変による場合と反応性の場合がある。増加が著しいと血液が粘稠となり、循環障害をきたす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多血症
たけつしょう

赤血球増加症」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の多血症の言及

【血液】より

…最も多い原因はヘモグロビンの原料となる鉄分が不足するもので,月経過多,痔や胃潰瘍などによる長期に及ぶ出血が先行していることが多い。貧血に対して赤血球数が増加する病気を赤血球増加症(多血症)といい,腫瘍性増殖によるものと,心臓や肺疾患のために生ずる続発性のものがある。(2)白血球の異常による病気 癌のように白血球が無秩序に増殖し,そのため役にたつ正常の白血球や赤血球,血小板の産生が妨げられるのが白血病である。…

※「多血症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

多血症の関連キーワード子どもの播種性血管内凝固症候群多血症(赤血球増多症)ピックウィック症候群脳卒中(脳血管発作)睡眠時無呼吸症候群脳梗塞(脳軟化症)双胎間輸血症候群ファロー四徴症血小板増加症子どもの貧血骨髄線維症動脈硬化症皮膚瘙痒症不当軽量児循環障害基礎代謝のぼせ赤血病双生児痒疹

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

多血症の関連情報