コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピッチカート 〈イタリア〉pizzicato

大辞林 第三版の解説

ピッチカート【pizzicato】

バイオリンなどの弦楽器で、弓を使わず指で弦をはじく奏法。ピチカート。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピッチカート
ぴっちかーと
pizzicatoイタリア語

バイオリンやチェロなどの弦楽器で、ある音ないしは楽句を弓を使わずに指で弦をはじいて演奏する奏法のこと。通常、譜面上ではpizz.と省略され、ふたたび弓で奏するときはアルコarcoと記される。普通、弦は右手ではじかれるが、右手で弓を弾きながら同時に左手で弦をはじく名人芸的な奏法もあり、これはパガニーニにより開発された。なお音楽史上では、モンテベルディ作曲の劇的カンタータ『タンクレディとクロリンダの戦い』(1624初演)で用いられたのがピッチカートの最初とされている。[黒坂俊昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のピッチカートの言及

【バイオリン】より

…左手の基本的な技術のおもなものは,弦を押さえる手の位置を変えるポジションの移動と,弦を押さえた指を微妙に揺らせて個々の音にふくらみとニュアンスを与えるビブラート,弦に軽く触れて高い倍音を出すフラジョレットなどである。弦をはじくピッチカートは,左手と右手のどちらの指でも行う。他方,右手による弓奏の技術は,楽器の可能性を最大限に引き出すために本質的な役割を演じている。…

※「ピッチカート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピッチカートの関連キーワードシュトラウス(Josef Strauß)バイオリン音楽コントラバスバイオリン演奏記号ベース

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android