コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピラルク ピラルク〈ポルトガル〉pirarucu

2件 の用語解説(ピラルクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ピラルク(〈ポルトガル〉pirarucu)

《赤い魚の意》オステオグロッスム目の淡水魚。全長約4.5メートルにもなる。頭部は縦扁し、体部は丸太状、後部は側扁する。うろこには赤い斑紋があり、靴べらに利用。南米アマゾン川オリノコ川ギアナに分布。乱獲のため数は減少。ピラルクー

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ピラルク【pirarucu】

オステオグロッサム目の淡水魚。全長3メートル 前後に達し、淡水魚では世界最大。体は円筒形で、頭部はやや扁平、尾びれにかけて側扁する。暗青銀色の鱗うろこは大きく、体の後半部の鱗に鮮やかな赤い色が混じる。食用。アマゾン川・オリノコ川に分布。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のピラルクの言及

【アマゾン[川]】より

…この種の川は,〈黒い水〉の川と同様に栄養塩類に乏しく,酸性ではあるが,酸素を消費するような微生物が少ないので,水中生物の生存に好適である。 アマゾン川には,身長が5mにもなるという淡水魚として世界最大のピラルク,獰猛な殺し屋ピラニアなど約1300種の魚が生息している。魚の種類が多いこともさることながら,アマゾン川が世界のどの川をも近づけないのは,流量の多いことである。…

【アロワナ】より

…アロワナとはアマゾン地域での呼名で別名をアマゾンバンドフィッシュという。南アメリカ産のピラルク,アフリカのナイル川・コンゴ・セネガルなどに産するヘテロティス,インドネシア・ボルネオ・オーストラリア北部に産するスクレロパゲスなどの種も同科である。比較的大きな鈍く銀白色に光るうろこをもち,虹のような不思議な色彩を放って華麗である。…

※「ピラルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピラルクの関連情報