コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピルナ Pirna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピルナ
Pirna

ドイツ東部,ザクセン州の都市。チェコとの国境近く,エルベ川左岸に位置する。 1240年頃都市権を獲得。 93年にボヘミア領,1405年にマイセン辺境伯領となった。化学繊維,ガラス,紙,パルプ,機械などの工業が立地,付近では砂岩の採掘も行われる。エルベ河岸の丘の上にゾンネンシュタイン城 (16世紀) がある。人口4万 7551 (1980) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ピルナの関連キーワードM. モーステッツェルブリュールベロット

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android