コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピレネー[山脈] ピレネー

百科事典マイペディアの解説

ピレネー[山脈]【ピレネー】

ヨーロッパ南西部,フランスとスペインとの国境をほぼ東西に走る山脈。スペイン語ではPirineos。延長約440km,最高峰は中央部マラデッタ山地のピコ・デ・アネト(3404m)。アルプス造山運動によって形成され,地形はけわしく,急流が多い。氷河はごく一部にしかないが,氷食地形は広く分布する。《ローランの歌》などで名高いロンセスバリェス峠(1057m)がある。中央部のペルデュー(ペルディド)山一帯は,1997年世界遺産(自然と文化の複合)として,フランスとスペインの共同で登録されたが,高地移牧の伝統を残している。
→関連項目アキテーヌアネト山アンドラスペインフランス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピレネー[山脈]【Pyrénées】

フランスとスペインの国境に位置する山脈。イベリア半島のつけねを東西方向に地中海からビスケー湾まで延長約430kmにわたってつづく。最高峰はマラデッタ山塊のピコ・デ・アネト(スペイン領)で標高3404m。ピレネー山脈の西方にはカンタブリア山脈がつづく。ピレネー山脈は第三紀始新世以来のアルプス造山運動に伴う隆起により形成された。ピク・デュ・ミディ・ドソー以東の中央部は山頂高度も高く3000m級の峰々がつづき,古生層,花コウ岩などの基盤岩石からなり中軸地帯とよばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android