コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピレネー[山脈] ピレネー

百科事典マイペディアの解説

ピレネー[山脈]【ピレネー】

ヨーロッパ南西部,フランスとスペインとの国境をほぼ東西に走る山脈。スペイン語ではPirineos。延長約440km,最高峰は中央部マラデッタ山地のピコ・デ・アネト(3404m)。
→関連項目アキテーヌアネト山アンドラスペインフランス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピレネー[山脈]【Pyrénées】

フランスとスペインの国境に位置する山脈。イベリア半島のつけねを東西方向に地中海からビスケー湾まで延長約430kmにわたってつづく。最高峰はマラデッタ山塊のピコ・デ・アネト(スペイン領)で標高3404m。ピレネー山脈の西方にはカンタブリア山脈がつづく。ピレネー山脈は第三紀始新世以来のアルプス造山運動に伴う隆起により形成された。ピク・デュ・ミディ・ドソー以東の中央部は山頂高度も高く3000m級の峰々がつづき,古生層,花コウ岩などの基盤岩石からなり中軸地帯とよばれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ピレネー[山脈]の関連キーワードローランの歌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android