コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロカテキン pyrocatechin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピロカテキン
pyrocatechin

ブレンツカテキン,ピロカテコールともいう。化学式 C6H4(OH)2 。1,2-ジヒドロキシベンゼンに相当する。融点 105℃の板状または柱状晶。昇華しやすく,水蒸気蒸留が可能である。水,アルコール,ベンゼン,エーテルなどに溶け,アルカリ性にすると水によく溶ける。アルカリ性水溶液は酸素を吸収して,すみやかに褐色化する。酸化されやすくアンモニア性硝酸銀やフェーリング液を還元する性質がある。毛皮の染色に利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピロカテキン

カテコール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のピロカテキンの言及

【カテコール】より

1,2‐ジヒドロキシベンゼンのことで,ピロカテキンpyrocatechine,ピロカテコールpyrocatechol,ドイツ語でブレンツカテキンBrenzcatechinなどともいう。カテキュー(阿仙薬)の乾留の際発見されたので,この名で呼ばれる。…

※「ピロカテキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ピロカテキンの関連キーワードブレンツカテキンベンゾキノン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android