コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピロカテキン ピロカテキンpyrocatechin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピロカテキン
pyrocatechin

ブレンツカテキン,ピロカテコールともいう。化学式 C6H4(OH)2 。1,2-ジヒドロキシベンゼンに相当する。融点 105℃の板状または柱状晶。昇華しやすく,水蒸気蒸留が可能である。水,アルコール,ベンゼン,エーテルなどに溶け,アルカリ性にすると水によく溶ける。アルカリ性水溶液は酸素を吸収して,すみやかに褐色化する。酸化されやすくアンモニア硝酸銀フェーリング液を還元する性質がある。毛皮の染色に利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ピロカテキン

カテコール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のピロカテキンの言及

【カテコール】より

1,2‐ジヒドロキシベンゼンのことで,ピロカテキンpyrocatechine,ピロカテコールpyrocatechol,ドイツ語でブレンツカテキンBrenzcatechinなどともいう。カテキュー(阿仙薬)の乾留の際発見されたので,この名で呼ばれる。…

※「ピロカテキン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone