コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水蒸気蒸留 すいじょうきじょうりゅうsteam distillation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水蒸気蒸留
すいじょうきじょうりゅう
steam distillation

沸点が高く水にほとんど溶けない有機化合物水蒸気を吹込み,水蒸気とともにその化合物を留出させる方法。水と油のように互いにほとんど溶け合わないものの混合物を熱すると,それぞれの物質は単独に熱せられたときと同じ蒸気圧を示すので,水蒸気圧と有機化合物の蒸気圧の和が大気圧と等しくなると両物質は留出する。したがって,その有機化合物を沸点よりも低い温度で水とともに留出することができる。この方法は,普通の蒸留法では分解するおそれのある有機物や,沸点より低温でもかなり高い蒸気圧をもつ有機化合物などの分離精製に利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいじょうき‐じょうりゅう〔‐ジヨウリウ〕【水蒸気蒸留】

水蒸気を物質中に吹き込んで揮発成分を水蒸気とともに蒸留する方法。水と混和しない物質の場合、目的とする物質の沸点よりも低い温度で留出することができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

水蒸気蒸留【すいじょうきじょうりゅう】

蒸留すべき物質中に水蒸気を吹き込みながら行う蒸留。蒸留すべき物質と水蒸気の両者の分圧の和が,沸騰すべき蒸気圧(ふつうなら1気圧)に等しくなった点で沸騰が起こるため,前者単独の場合よりも低い温度での蒸留が行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

水蒸気蒸留

 水蒸気を吹き込んで,それと一緒に蒸留する方法で,沸点の高いものでも沸点より低い温度で留出させることができる長所がある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいじょうきじょうりゅう【水蒸気蒸留 steam distillation】

水への溶解度が小さい物質(たとえば油類)を蒸留精製する際に水を加えたり水蒸気を吹きこんだりして行う蒸留法。互いに不溶解な二つの物質の混合物の蒸気圧は,それぞれの物質の蒸気圧の和に等しいので,水に溶けない物質に水を加えて加熱すると,その物質の蒸気圧と水の蒸気圧との和が大気圧に等しくなると沸騰することになり,その物質の沸点より低い温度で沸騰する。したがって,大気圧下で蒸留すると分解したり重合したりする物質も,水蒸気蒸留によれば低い温度で蒸留できることになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいじょうきじょうりゅう【水蒸気蒸留】

水にほとんど溶けない物質に水を加えたり水蒸気を吹きこんだりして、水蒸気とともに物質中の揮発成分を蒸留すること。それぞれの物質の沸点より低い温度で蒸留できる。植物の精油などの分離・精製に用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水蒸気蒸留
すいじょうきじょうりゅう
steam distillation

沸点の高い物質に水蒸気を吹き込んで、その沸点よりも低い温度で留出させる蒸留法。普通の蒸留では分解してしまう物質や、沸点が高すぎる物質の蒸留は、減圧蒸留を用いればよいが、高沸点成分の分圧を減少させるため水蒸気を吹き込んで蒸留すれば、高沸点成分と水の蒸気圧の和が全圧となるため、大気圧下で通常の沸点以下の温度で蒸留ができる。これを水蒸気蒸留という。蒸留装置の塔頂製品が水に不溶な油類ならば、水と2液相を形成するので水を簡単に分離できる。
 水蒸気蒸留は多くの場合、減圧蒸留より高価につくため、減圧が不便または小規模な回分蒸留でよく用いられる。この場合は、蒸留缶の沸騰液に直接水蒸気を吹き込んで行う回分蒸留である。[早川豊彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の水蒸気蒸留の言及

【蒸留】より

…また,水に溶解しにくい物質の精製には,液の中に直接水蒸気を吹き込んで蒸留を行うことがある。このような蒸留を水蒸気蒸留と呼んでいる。共沸蒸留水蒸気蒸留抽出蒸留【平田 光穂】。…

※「水蒸気蒸留」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水蒸気蒸留の関連キーワードライヒェルト‐マイスル価ライヘルトストリップドオイルローズマリーオイルショウノウ(樟脳)ハッカ(薄荷)油レモングラス油セルリー種子油ローズマリー油トルーバルサムセイロン肉桂レモングラスペパーミントフチオコールオリガナム油カモミール油ゼラニウム油フェンネル油セボリー油ユーカリ油

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android