コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柱状晶 ちゅうじょうしょうcolumnar crystallite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柱状晶
ちゅうじょうしょう
columnar crystallite

溶融金属を鋳型内に注入すると,鋳型表面で結晶核が生成し,結晶がまだ固まらない内部に向って成長する。その結果,鋳塊にできる柱状形態をした結晶粒が柱状晶である。これに対し,鋳塊全面にわたって等方的な形態をした結晶粒が観察されるのが,等軸晶である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうじょうしょう【柱状晶 columnar crystal】

結晶の形状の一つで,一つの方向に平行に成長したいくつかの面で囲まれた結晶をいう。固相状態で格子変態をしない純金属または1相の合金の鋳塊の結晶粒組織は,外側から内部に向かって柱状晶が発達している。鋳型に注入された金属の溶融液は鋳型で急冷されるため,鋳型近傍では多数の固相の核が生じて微細な等軸晶が形成される。これらの等軸晶の一部は温度こう配(鋳型壁面にほぼ垂直)に平行に成長する。このため柱状晶が形成される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

柱状晶の関連キーワードリン酸アンモニウム(燐酸アンモニウム)フッ化アンモニウム(弗化アンモニウム)ジオキシフェニルアラニンモリブデン酸アンモニウム過マンガン酸カリウム水酸化トリブチルスズトリニトロトルエンコハク酸(琥珀酸)メルカプトプリンテトロドトキシングリオキサール酢酸ナトリウムセミカルバジド塩化スズ(錫)ベンゾフェノンピロカテキンメタクリル酸酢酸ウラニルニンヒドリンイミダゾール

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android