コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピンチ型射法 ピンチがたしゃほうpinch release

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピンチ型射法
ピンチがたしゃほう
pinch release

南洋の原住民らによって,いまでも狩猟などで用いられている射法。三つに大別される弓の射法の一つ (→メディタレニアン型射法 , モンゴリアン型射法 ) 。通常は矢を弓の右側につがえ,ノック (矢筈) を弦にあてがい,親指の第1関節と人差指の第2関節の間につまんで引く。つまみ引き pinch drawともいう。 (→アーチェリー )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android