コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピーナッツ・カシューナッツ ぴーなっつかしゅーなっつ

1件 の用語解説(ピーナッツ・カシューナッツの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

ぴーなっつかしゅーなっつ【ピーナッツ・カシューナッツ】

《栄養と働き&調理のポイント
 ピーナッツは、落花生(らっかせい)、南京豆(なんきんまめ)とも呼ばれ、わが国では千葉県が主要産地として知られています。
○栄養成分としての働き
 ピーナッツに含まれている脂質は、一価の不飽和脂肪酸オレイン酸が豊富なので、コレステロールを減らし、動脈硬化予防に適しています。また、ビタミンEも多く、血行をよくする働きもあります。
 ビタミンB群の1つであるコリンレシチンを含み、物忘れや記憶力の低下を予防するのにも有効です。豊富なビタミンEは老化を防ぎ、美肌づくりに役立ちます。
 肝臓の働きを助けるメチオニン二日酔いを防ぐナイアシンを含むので、酒のつまみに最適といえます。
 ピーナッツの茶色の薄皮にはリグニン類が含まれているので、ビタミンEの多いピーナッツの実といっしょに食べると抗酸化力が増します。
 カシューナッツには、ピーナッツにはおよびませんが、他の種実類のなかでもビタミンB1が豊富。疲労回復、食欲不振などに有効です。また、アミノ酸組成のすぐれたたんぱく質を多く含んでいるので、日ごろから疲れやすいという人に適しています。
 ピーナッツもカシューナッツも高カロリーなので、食べすぎには注意が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

ピーナッツ・カシューナッツの関連キーワードブレークポイントポイント活字ポイントガードポイント開発ポイント・カラーポイント制ボーナスポイントポイント方式チャンピオンシップポイントヒッティングポイント

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone