コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピーナッツ・カシューナッツ ぴーなっつかしゅーなっつ

食の医学館の解説

ぴーなっつかしゅーなっつ【ピーナッツ・カシューナッツ】

《栄養と働き&調理のポイント》


 ピーナッツは、落花生(らっかせい)、南京豆(なんきんまめ)とも呼ばれ、わが国では千葉県が主要産地として知られています。
○栄養成分としての働き
 ピーナッツに含まれている脂質は、一価の不飽和脂肪酸のオレイン酸が豊富なので、コレステロールを減らし、動脈硬化予防に適しています。また、ビタミンEも多く、血行をよくする働きもあります。
 ビタミンB群の1つであるコリン、レシチンを含み、物忘れや記憶力の低下を予防するのにも有効です。豊富なビタミンEは老化を防ぎ、美肌づくりに役立ちます。
 肝臓の働きを助けるメチオニン、二日酔いを防ぐナイアシンを含むので、酒のつまみに最適といえます。
 ピーナッツの茶色の薄皮にはリグニン類が含まれているので、ビタミンEの多いピーナッツの実といっしょに食べると抗酸化力が増します。
 カシューナッツには、ピーナッツにはおよびませんが、他の種実類のなかでもビタミンB1が豊富。疲労回復、食欲不振などに有効です。また、アミノ酸組成のすぐれたたんぱく質を多く含んでいるので、日ごろから疲れやすいという人に適しています。
 ピーナッツもカシューナッツも高カロリーなので、食べすぎには注意が必要です。

出典|小学館食の医学館について | 情報

ピーナッツ・カシューナッツの関連キーワードビタミンE