コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファビウス・ピクトル Quintus Fabius Pictor

世界大百科事典 第2版の解説

ファビウス・ピクトル【Quintus Fabius Pictor】

前3世紀から前2世紀にかけて活躍したローマ最初の歴史家生没年不詳。元老院身分の出身で,第2次ポエニ戦争(前218‐前201)に参戦し,ローマが大敗を喫したカンネー(カンナエ)の戦の後には,アポロン神託を求める使節としてデルフォイの神殿に派遣された。彼がギリシア語散文で著したローマの歴史は,断片が伝わるのみであるが,伝説的な英雄アエネアスの記述に始まり,第1次ポエニ戦争(前264‐前241)を経て彼の時代にまで及ぶものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のファビウス・ピクトルの言及

【ローマ美術】より

…ただし,建築モティーフはさらに幻想的性格を強くし,カタコンベの壁画に近い様式に至ったことは推定できる。画家の名は,前300年ころのファビウス・ピクトルFabius Pictorやネロのドムス・アウレア(64ころ)を装飾したファブルスFabullusらしか伝わっていない。後者の壁画は16世紀初頭ラファエロに影響を与え,グロテスク形式の装飾壁画を生むことになる。…

※「ファビウス・ピクトル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ファビウス・ピクトルの関連キーワードアンナーレスファビウス家