コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファラーイーディー運動 ファラーイーディーうんどうFarā'īdī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファラーイーディー運動
ファラーイーディーうんどう
Farā'īdī

インド,ベンガル地方を中心に 1838~47年まで続いたイスラム教徒農民による反地主闘争。ファラーイーディー派はハージー・シャリーアリウッラー (1781~1840) によって始められたイスラムの一派であるが,ベンガル地方の下層農民,手工業者などの間に広まっていた。その後,その子ドゥドゥ・ミアン (19~62) の指導下に急速に広まり,特にヒンドゥーの地主がイスラム教徒農民に課する不法な税に反対して,反地主の農民闘争を引起した。この過程で,ドゥドゥ・ミアンが何度も逮捕されるなど激しい弾圧を受け,彼の死後は急速に衰えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ファラーイーディー運動の関連キーワード桜田門外の変/参加者一覧高島秋帆旧宅グラバージェーンズスタウトデーニッツデービスパーマーブッケマブリュネ

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone