コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファリスク語 ファリスクごFaliscan language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファリスク語
ファリスクご
Faliscan language

紀元前イタリア中部のファレーリの地に行われていた言語。ラテン語に近く,インド=ヨーロッパ語族イタリック語派のなかで,ラテン語とともに一つのグループをなし,オスク=ウンブリア諸語に対する。エトルリア人に囲まれていたためその影響が強く,文字もエトルリア文字に基づくものである。前 241年にローマ人の侵略を受け,以後ファリスク語はラテン語に取って代られたと考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android