コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファレーズ ファレーズFalaise

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファレーズ
Falaise

フランス北西部,カルバドス県の町。カンの南南東約 35km,カン平原と丘陵地の境に位置する。農産物集散地で,かつては市場町として栄えた。第2次世界大戦での被害が大きかったが,ウィリアム征服王が生れたノルマンディー最古の城塞,トリニテ聖堂 (13世紀) などが残っている。人口 8387 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ファレーズ(Falaise)

フランス北西部、ノルマンディー地方、カルバドス県の町。ノルマンディー公、イングランド王ウィリアム1世(征服王)の生地。町を見下ろす丘の上に、12世紀から13世紀にかけて建造されたノルマン様式の城がある。第二次大戦の激戦地としても知られる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ファレーズの関連キーワードモンクレチアンリャール

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファレーズの関連情報