ファロー四徴(症)(読み)ふぁろーしちょうしょう(英語表記)Tetralogy of Fallot(TOF)

家庭医学館の解説

ふぁろーしちょうしょう【ファロー四徴(症) Tetralogy of Fallot(TOF)】

[どんな病気か]
 肺動脈狭窄(きょうさく)、心室(しんしつ)中隔欠損(「心室中隔欠損(症)」)、大動脈の騎乗(きじょう)(大動脈が心室中隔欠損をまたぐ形になっていて、右心室(うしんしつ)の血液が大動脈に行きやすい)、右心室肥大(ひだい)(右心室の心筋が厚い)という4つの異常が同時におこっています(図「ファロー四徴」)。
[治療]
 1歳前後で、心内修復術(最終手術)が行なわれます。
 チアノーゼがある場合は、生後6か月以前に最終手術が行なわれることもあります。また、緊急処置として、体肺動脈短絡手術(先天性心疾患とはの「外科的治療」の体肺動脈短絡術)が行なわれることもあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ファロー四徴(症)の関連情報