ファンクションキー(英語表記)Function Key

翻訳|function key

パソコンで困ったときに開く本「ファンクションキー」の解説

ファンクションキー

キーボードの上部にある、「F1」などと書かれたキーのことで、ソフトごとにいろいろな機能が割り当てられています。例えば、「F1」を押すと、ウィンドウズやソフトのヘルプ画面が表示されます。ノートパソコンのキーボード左下にある「Fn」と書かれたキーも、名前は「ファンクションキー」ですが、こちらはパソコンごとに固有の機能などをキー操作で呼び出すためのものです。通常、ファンクションキーといえば前者です。
⇨Fnキー、ヘルプ

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

精選版 日本国語大辞典「ファンクションキー」の解説

ファンクション‐キー

〘名〙 (function key) コンピュータのキーボードで、特定の機能だけを実行させるためのキー。ファンクション。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

IT用語がわかる辞典「ファンクションキー」の解説

ファンクションキー【function key】

コンピューターのキーボード上部に配された特殊キーキートップに「F1」「F2」などと書かれたキーで、通常10個から15個程度並んでいる。コンピューター機種オペレーティングシステムアプリケーションソフトにより、異なる機能や役割が割り当てられる。◇略して「Fnキー」とも書く。また、「Fキー」「プログラムファンクションキー」などともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android