コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファン・チュ・チン Phan Chu Trinh

世界大百科事典 第2版の解説

ファン・チュ・チン【Phan Chu Trinh】

1872‐1926
ベトナムの啓蒙的民族運動家。ファン・チャウ・チンPhan Chau Trinhともいう。中部ベトナムのクアンナム省生れ。科挙及第後官途を志望したが,フエ朝廷の封建体質に絶望して下野し,1905年ごろからチャン・クイカップ,フイン・トゥク・カンらと南部を中心にベトナムの再起を遊説した。06年渡日してファン・ボイ・チャウと会い,その蜂起路線を批判して決別したといわれる。帰国後,インドシナ総督ポール・ボーに書簡を送り,フランス当局の協力によるベトナムの旧弊打破を提議した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のファン・チュ・チンの言及

【ベトナム】より

…こうしてベトナムは北部と南部という典型的な植民地下二重経済構造をつくりあげた。20世紀初頭,ファン・ボイ・チャウドンズー(東遊)運動ファン・チュ・チンの維新運動など,民族運動の近代化を志向する運動が起こったが,前者の革命路線も後者の啓蒙的改良運動もともにフランスの弾圧によって潰えた。 第1次大戦後,インドシナへの投資が拡大し,北部の鉱業,中南部のゴムのプランテーション,南部の米作の急激な発展は,労働者階級やサイゴンの地主,精米・輸出業者などのブルジョアジー,さらに知識人層を生み出した。…

※「ファン・チュ・チン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファン・チュ・チンの関連キーワードファン・ボイ・チャウグエン・チ・ビン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android