コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファージンゲール farthingale

翻訳|farthingale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ファージンゲール
farthingale

おもに 16世紀のヨーロッパで女性がスカートを広げるために着用した腰枠形式のペティコートの1種。 15世紀末のスペイン宮廷モードに登場し,イギリスやフランスに伝播した。初め若い枝でつくられていたと考えられており,名称はスペイン語で若枝を意味するベルデュゴ verdugoに由来し,フランスではベルチュガダン vertugadinと呼ばれた。外形は釣鐘形や逆じょうご形で,トウ (籐) ,くじらひげ,針金などを輪にして何段にも重ね,その上に麻布を張ってつくる。スペインではもっぱら円錐形であったが,イギリスでは車輪形の腰あてを使い外形が太鼓形を呈するものも好まれた。 (→パニエ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ファージンゲール【farthingale】

15世紀末のスペイン宮廷モードに由来し,婦人服のスカートを広げるために用いられた枠つきのペティコート。フランスやイギリスの貴族社会には16世紀に導入され,フランスでは〈ベルチュガダンvertugadin〉と呼ばれた。その構成は,のりづけした麻布にトウ(籐)やシュロなどの茎,鯨ひげ,針金などを数段水平にとりつけ,外形を鐘状や円錐状に形づくったものである。麻布のほかに薄地毛織物,絹,タフタビロードなども用いられ,裏つきのものもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のファージンゲールの言及

【スカート】より

…17世紀前半のスペイン風モードは,固くのりづけした麻布に鯨のひげを入れたペティコートで釣鐘形にした。このペティコートはファージンゲールと呼ばれた。続くロココ・スタイルのスカートは柳の木などでつくられた腰枠(パニエpanier)を入れて横に広く張り出し,あたかもカニが歩いているようであったという。…

※「ファージンゲール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ファージンゲールの関連キーワードファージンゲールチェアファンデーションカクトアールシルエットフープ下着

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android