コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーレンハイト度 ファーレンハイトド

デジタル大辞泉の解説

ファーレンハイト‐ど【ファーレンハイト度】

カ氏温度

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファーレンハイト度
ふぁーれんはいとど
degree Fahrenheit

水の凝固点を32度、沸点を212度とし、この間を180等分した温度目盛り。ファーレンハイトにより1724年に提唱された。記号はで、ファーレンハイトの中国語表記「華倫海」から華氏温度ともいう。日本では温度計測の際、セルシウス度(摂氏)が日常的に使われているが、アメリカやイギリスなど欧米の一部ではファーレンハイト度(華氏温度)が使われている。
 華氏温度から摂氏温度への変換は
C=5/9×(F-32)
である。[山本将史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ファーレンハイト度の関連キーワード華氏温度

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android