コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ファーレンハイト度 ファーレンハイトド

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ファーレンハイト度
ふぁーれんはいとど
degree Fahrenheit

水の凝固点を32度、沸点を212度とし、この間を180等分した温度目盛り。ファーレンハイトにより1724年に提唱された。記号はで、ファーレンハイトの中国語表記「華倫海」から華氏温度ともいう。日本では温度計測の際、セルシウス度(摂氏)が日常的に使われているが、アメリカやイギリスなど欧米の一部ではファーレンハイト度(華氏温度)が使われている。
 華氏温度から摂氏温度への変換は
C=5/9×(F-32)
である。[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ファーレンハイト度の関連キーワード華氏温度

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android