摂氏温度(読み)せっしおんど

精選版 日本国語大辞典「摂氏温度」の解説

せっし‐おんど ‥ヲンド【摂氏温度】

〘名〙 (「摂氏」はスウェーデンの物理学者セルシウス(A=Celsius)の中国語表記「摂爾思」から) 温を測る単位の一つ。一気圧における水の氷点を零度、沸点を一〇〇度とし、その間を一〇〇等分した温度目盛り。氷点以下や沸点以上の温度も同じ目盛り間隔にしてある。記号℃ 一七四二年、セルシウスが提唱したが、この時に用いたものは氷点を一〇〇、沸点を零としたもので、現在の目盛りとは反対のものであった。現在の目盛りと同じものを初めて用いたのはフランス人クリスタン(J=P=Christin)である。セ氏。センチグレード目盛り。摂氏。⇔華氏温度

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android