コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリッピの戦い フィリッピのたたかいBattle of Philippi(Philippoi)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリッピの戦い
フィリッピのたたかい
Battle of Philippi(Philippoi)

古代ローマのユリウス・カエサル暗殺(前44)をうけて,マケドニアフィリッピ(古代ギリシア名ピリッポイ,現ギリシア北東部フィリッポイ)で繰り広げられた戦闘。前42年マルクス・ユニウス・ブルーツスガイウスカッシウス・ロンギヌスの元老院派の連合軍が,マルクス・アントニウスとガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス(→アウグスツス)の連合軍に敗れた。元老院派は最初優勢であったが,アントニウスの挑発に乗せられ,まずカッシウスが追いつめられて自殺,3週間後ブルーツスも敗れて自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フィリッピの戦いの関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)ローマ史(年表)パウルスメッサラカスカツリア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android