コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィリッピの戦い フィリッピのたたかいBattle of Philippi(Philippoi)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリッピの戦い
フィリッピのたたかい
Battle of Philippi(Philippoi)

古代ローマのユリウス・カエサル暗殺(前44)をうけて,マケドニアフィリッピ(古代ギリシア名ピリッポイ,現ギリシア北東部フィリッポイ)で繰り広げられた戦闘。前42年マルクス・ユニウス・ブルーツスガイウスカッシウス・ロンギヌスの元老院派の連合軍が,マルクス・アントニウスとガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス(→アウグスツス)の連合軍に敗れた。元老院派は最初優勢であったが,アントニウスの挑発に乗せられ,まずカッシウスが追いつめられて自殺,3週間後ブルーツスも敗れて自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フィリッピの戦いの関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)ローマ史(年表)パウルスメッサラカスカツリア

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android