フィリッピの戦い(読み)フィリッピのたたかい(英語表記)Battle of Philippi(Philippoi)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィリッピの戦い
フィリッピのたたかい
Battle of Philippi(Philippoi)

古代ローマのユリウス・カエサル暗殺(前44)をうけて,マケドニアフィリッピ(古代ギリシア名ピリッポイ,現ギリシア北東部フィリッポイ)で繰り広げられた戦闘。前42年マルクス・ユニウス・ブルーツスガイウスカッシウス・ロンギヌスの元老院派の連合軍が,マルクス・アントニウスとガイウス・ユリウス・カエサル・オクタウィアヌス(→アウグスツス)の連合軍に敗れた。元老院派は最初優勢であったが,アントニウスの挑発に乗せられ,まずカッシウスが追いつめられて自殺,3週間後ブルーツスも敗れて自殺した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android