コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィレンツェのドゥオーモ フィレンツェのドゥオーモ

1件 の用語解説(フィレンツェのドゥオーモの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

フィレンツェのドゥオーモ【フィレンツェのドゥオーモ】

イタリア北部のフィレンツェ(Firenze、〈英〉Florence)にある、「花の聖母マリア聖堂」(Cattedrale di Santa Maria del Fiore)という名称のドゥオーモ(大聖堂)。全長153m、最大幅90m、高さ107mのラテン十字型の建物は、ルネサンス期からゴシック期を代表する建築物で、巨大なドーム屋根が特徴である。内部には15世紀のステンドグラス、16~17世紀の大理石の床などがあり、ルネサンス期のフレスコ画が多数残っている。最初の教会堂は、4~5世紀に建てられたが、現在の聖堂は1296年に再建が着工し、140年以上かけて完成し、その後、改修・改築を繰り返してきたものである。この聖堂に隣接して、サンジョバンニ洗礼堂ジョットの鐘楼(しょうろう)がある。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィレンツェのドゥオーモの関連キーワード受胎告知レッチェフィエーゾレフィレンツェ歌劇場管弦楽団フィレンツェ五月音楽祭管弦楽団フィレンツェの思い出フィレンツェマラソンカステルヌーヴォ=テデスコフィレンツェ風フロランティーヌ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone