コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィンスイミング ふぃんすいみんぐ fin swimming

3件 の用語解説(フィンスイミングの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

フィンスイミング

フィン(足ひれ)をつけて行う泳ぎで、2枚のフィンを左右の足に履くビーフィンと、両足をそろえて1枚の大きなフィンを履くモノフィンとがある。足のキックのみで推進し、モノフィンは50mを14秒台、100mを33秒台で泳ぎきり、水中では秒速3m以上のスピードになる。ワールドゲームズの公式競技。種目は、サーフィス(水面泳)、アプニア(息止泳)、イマージョン(水中泳)、ビーフィン、オープンウオーターなど。

(吉田章 筑波大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

フィン‐スイミング(fin swimming)

1枚の足ひれとシュノーケルを使って潜水し、水中を進むマリンスポーツ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フィンスイミング
ふぃんすいみんぐ
finswimming

足ひれ(フィン)を装着して行う水泳競技の一つ。フィンは2種類で、両足を一つにまとめて一枚の大きな足ひれを着けるモノフィンmonofinと、片足に一枚ずつの足ひれを着けるビーフィンbifinsがある。泳ぎ方は、いずれかのフィンを足に着け、バタフライのようなドルフィンキックにより、水をけって推進力を得ながら、身体をくねらせて進むウェービングという泳法が基本で、手のかき方は自由である。おもな種目は4種類があり、使用するフィンによって以下のように分けられている。(1)サーフィスSurface 略称SF。モノフィンとシュノーケルを使い、水面に身体の一部か、シュノーケルの一部を出した状態で泳ぐ競技。短距離の50メートルから長距離の1500メートルまでの距離別に種目が分かれている。また、4×100メートルと4×200メートルのリレー競技がある。(2)アプニアApnoea 略称AP。アプニアとは無呼吸の意味。モノフィンを使い、潜水状態のままで50メートルを泳ぐ種目。世界のトップスイマーは50メートルを13秒台で泳ぐため、最速の水中競技といわれている。(3)イマージョンImmersion 略称IM。イマージョンとは浸入、浸水の意味。モノフィン、スキューバダイビング用の空気ボンベレギュレーターを使い、水中を泳ぐ種目。100メートル、400メートル、800メートルが正式種目。(4)ビーフィンBifins 略称BF。ビーフィンを使う唯一の種目で、ビーフィンとシュノーケルを使い、手は交互に水をかくクロールストロークを用いて泳ぐ。プール行われる50メートル、100メートル、200メートル競技が中心である。また、日本のビーフィンではほとんど行われていないが、海で行うオープンウォーター競技もあり、6キロメートルや20キロメートルなどの長距離を競う。
 フィンスイミングは、1930年代にイタリアでゴム製のフィンがつくられたことに始まり、その後、1967年にアンジェラAngera(イタリア)で、初めてのヨーロッパ選手権が開かれた。以降、1970年代にソビエト連邦(当時)でモノフィンが考案されたことにより、今日のフィンスイミングの基盤がつくられた。1976年にはドイツのハノーバーで初めての世界選手権が開かれた。
 世界のフィンスイミングをはじめとする水中活動団体135(2015年時点)が加盟する、世界水中連盟(CMAS:Confdration Mondiale des Activits Subaquantiques)の主催により、世界選手権が毎年開催されている。国内では、日本水中スポーツ連盟(JUSF:Japan Underwater Sports Federation)が主催し、日本選手権が毎年開かれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィンスイミングの関連キーワードドルフィンキックフィン水泳尾鰭を付けるフィンガーペインティングサーフジェットフィンワークフィンスタビライザービーフィンストラップフィンフルフットフィン

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィンスイミングの関連情報