コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェイドン フェイドン Pheidōn

2件 の用語解説(フェイドンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェイドン
フェイドン
Pheidōn

おそらく前7世紀前半に活躍した古代ギリシアアルゴスの王。オリュンピアを奪い,ペロポネソスの北東部を統一し,アルゴスをペロポネソスの重要な勢力とした。ペロポネソス人のために度量衡を制定し,アテネでもソロンの改革まで使われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェイドン
ふぇいどん
Pheidon

生没年不詳。古代ギリシア、アルゴスの王。アルゴスの王政を僭主(せんしゅ)政に変更したという。彼の盛時は、異伝もあるが紀元前670年ごろとされる。オリンピア競技をピサと共催し、重装歩兵制を積極的に取り入れてスパルタ軍をヒシアイで破ったのも彼と考えられる。度量衡を制定し、ギリシアで最初の貨幣を発行し、経済面でも重要な業績を残した。コリントのキプセロスの僭主政樹立の試みを支援中に没したという。[古山正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェイドンの関連キーワードテオグニスヘシュキオスギリシャ語ギリシャ哲学ギリシャ文字ドラクマブシャーレおそらくは夢をメトネルアデラード[バースの]

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone