コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェイドン フェイドンPheidōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェイドン
Pheidōn

おそらく前7世紀前半に活躍した古代ギリシア,アルゴスの王。オリュンピアを奪い,ペロポネソスの北東部を統一し,アルゴスをペロポネソスの重要な勢力とした。ペロポネソス人のために度量衡を制定し,アテネでもソロンの改革まで使われた。またギリシア最初の貨幣を鋳造したともいわれるが,これは時代的に正しくない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェイドン
ふぇいどん
Pheidon

生没年不詳。古代ギリシア、アルゴスの王。アルゴスの王政を僭主(せんしゅ)政に変更したという。彼の盛時は、異伝もあるが紀元前670年ごろとされる。オリンピア競技をピサと共催し、重装歩兵制を積極的に取り入れてスパルタ軍をヒシアイで破ったのも彼と考えられる。度量衡を制定し、ギリシアで最初の貨幣を発行し、経済面でも重要な業績を残した。コリントのキプセロスの僭主政樹立の試みを支援中に没したという。[古山正人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フェイドンの関連キーワードアルゴス(都市国家)ギリシア史エイナ島シキオン

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android