コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェス条約 フェスじょうやく

1件 の用語解説(フェス条約の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フェスじょうやく【フェス条約】

1912年3月30日,フランスモロッコの間で調印された保護領条約。モロッコのスルタンの主権と政庁(マフザン)は名目上残されたが,外交と軍事だけでなく内政についても実権はフランス政府の任命する統監が掌握することになった。同年11月のマドリード協定(スペインとフランスの支配地域の確定を定めた)とともに,モロッコの植民地支配の道を開いた条約である。56年3月2日に廃棄され,モロッコは独立を回復した。【宮治 一雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のフェス条約の言及

【フェス】より

…しかし,芸術的・技術的レベルの進歩はみられない。 20世紀に入り,1912年モロッコのフランス保護領化の協定(フェス条約)がここで調印され,一時国際的にも注目された。現在,市街地は新・旧両フェスの旧市街地と,20世紀になって旧市街地の南西方向にフランス人が建設した新市街地とからなる。…

※「フェス条約」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フェス条約の関連キーワードフランフレンチベルクールモロッコモロッコ事件フランス菊モロッコ革アルジャジーダフランスソワールタトワン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone