コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェダーン Paul Federn

世界大百科事典 第2版の解説

フェダーン【Paul Federn】

1871‐1950
オーストリアの精神分析学者。ユダヤ人。1895年ウィーン大学医学部卒。S.フロイトのもっとも古い直弟子の一人。1908年ウィーン精神分析学会の設立に加わり,23年から副会長。フェニヘルOtto Fenichel(1898‐1946),ライヒをはじめ多くの精神分析者の教育分析を行った。精神病の精神療法に関心をもち,精神病は,神経症のように抑圧された性衝動や攻撃衝動だけの問題でなく,むしろそれらの衝動に対処できない自我の弱さの問題であると説き,現代の精神分析の主流である自我心理学の先駆者となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フェダーンの関連キーワードG. シュウィングフロイト学派シュウィング古沢平作

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android