コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェノリオ Beppe Fenoglio

世界大百科事典 第2版の解説

フェノリオ【Beppe Fenoglio】

1922‐63
イタリアの小説家。北イタリア,ピエモンテ地方の小都アルバに生まれ,生涯の大部分をそこに送った。C.パベーゼと並び,丘陵地帯ランゲの作家であるが,パベーゼと異なり第2次世界大戦末期のレジスタンスの際武器をとって戦闘に加わった。丘の斜面でブドウ畑を耕す農民たちとそこに展開されたパルチザン戦争がフェノリオの小説の中心部分を占めている。代表作は《アルバ市の二十三日間》(1952),《壊滅》(1954),死後出版の《戦火の一日》(1963),《個人的な問題》(1965),《パルチザン・ジョニー》(1968)など。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フェノリオの関連キーワード島津保次郎アイルランド自由国帰山教正パステルナークブラジル文学ムルナウ宮嶋資夫ローマ進軍コスグレーブシスラー

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android