コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェノリオ Beppe Fenoglio

1件 の用語解説(フェノリオの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フェノリオ【Beppe Fenoglio】

1922‐63
イタリアの小説家。北イタリアピエモンテ地方の小都アルバに生まれ,生涯の大部分をそこに送った。C.パベーゼと並び,丘陵地帯ランゲの作家であるが,パベーゼと異なり第2次世界大戦末期のレジスタンスの際武器をとって戦闘に加わった。丘の斜面でブドウ畑を耕す農民たちとそこに展開されたパルチザン戦争がフェノリオの小説の中心部分を占めている。代表作は《アルバ市の二十三日間》(1952),《壊滅》(1954),死後出版の《戦火の一日》(1963),《個人的な問題》(1965),《パルチザン・ジョニー》(1968)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

フェノリオの関連キーワードブラジル文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党チーホノフ岡村司クニッピングスコット田中源太郎ノット

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェノリオの関連情報