コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルミγ線宇宙望遠鏡/フェルミガンマ線宇宙望遠鏡 フェルミガンマセンウチュウボウエンキョウ

デジタル大辞泉の解説

フェルミ‐ガンマせんうちゅうぼうえんきょう〔‐センウチウバウヱンキヤウ〕【フェルミγ線宇宙望遠鏡/フェルミガンマ線宇宙望遠鏡】

2008年6月、NASA(ナサ)(米航空宇宙局)が打ち上げたガンマ線観測衛星。名称は、宇宙線の加速機構の一つを初めて提唱したイタリアの物理学者エンリコ=フェルミに由来する。現名称以前にはGLAST(グラスト)と呼ばれていた。大面積望遠鏡(LAT)とガンマ線バーストモニター(GBM)という二つのガンマ線検出器を搭載。ガンマ線による掃天観測、ガンマ線バーストのような突発的な高エネルギーの天体現象の捕捉、活動銀河核クエーサーパルサーなどの詳細な観測を行う。フェルミ望遠鏡。フェルミ宇宙望遠鏡。フェルミガンマ線望遠鏡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

フェルミγ線宇宙望遠鏡/フェルミガンマ線宇宙望遠鏡の関連キーワード太陽観測衛星若田光一スペースシャトルNASA宇宙政策(米国の)アポロ計画木星探査機土井隆雄アームストロング(Neil Alden Armstrong)日本電信電話(株)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android