掃天観測(読み)ソウテンカンソク

デジタル大辞泉「掃天観測」の解説

そうてん‐かんそく〔サウテンクワンソク〕【掃天観測】

望遠鏡などで一定の範囲を網羅的に観測すること。過去には地上の望遠鏡による星雲星団のカタログ作成が主な目的だったが、近年は可視光以外にも電波望遠鏡人工衛星に搭載されたX線望遠鏡赤外線望遠鏡などの掃天観測や、地球に衝突する危険性がある小惑星彗星などの小天体の捜索も行われている。スカイサーベイ天体サーベイ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android