コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォッカー‐プランク方程式 Focker-Planck equation

法則の辞典の解説

フォッカー‐プランク方程式【Focker-Planck equation】

マルコフ過程*の時間依存性を表現する方程式である.時刻ゼロの時点で速度 v0 をもっていた粒子が,時刻 t で速度 vvdv の間の速度をもつ確率を Pvt |v0)のように表すと,

ここに Mn=(1/τ) 〈 [⊿v(τ)]n 〉(n=1,2,…)であるが,[⊿v(τ)]n は時間 τ 内における速度の増分の n 次モーメントを表す.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

フォッカー‐プランク方程式の関連キーワードマルコフ過程増分

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android