コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォッカー‐プランク方程式 Focker-Planck equation

法則の辞典の解説

フォッカー‐プランク方程式【Focker-Planck equation】

マルコフ過程*の時間依存性を表現する方程式である.時刻ゼロの時点で速度 v0 をもっていた粒子が,時刻 t で速度 vvdv の間の速度をもつ確率を Pvt |v0)のように表すと,

ここに Mn=(1/τ) 〈 [⊿v(τ)]n 〉(n=1,2,…)であるが,[⊿v(τ)]n は時間 τ 内における速度の増分の n 次モーメントを表す.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

フォッカー‐プランク方程式の関連キーワードマルコフ過程増分

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android