コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォックスハウンド フォックスハウンド foxhound

翻訳|foxhound

3件 の用語解説(フォックスハウンドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フォックスハウンド(foxhound)

犬の一品種。狐狩り用の中形のハウンド。毛は短く、色は白・黒・褐色の斑(まだら)。耳は垂れている。英国原産のものと米国の改良品種とがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

フォックスハウンド【foxhound】

イヌの一品種。狐狩り専用の猟犬。体高60センチメートル 程度。毛色は白地に黒と褐色の斑まだらのものが多い。イングリッシュ-フォックスハウンドとアメリカン-フォックスハウンドがあり、どちらも独自にハウンド種からつくりだされたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォックスハウンド
ふぉっくすはうんど
fox hound

哺乳(ほにゅう)綱食肉目イヌ科の動物。家畜イヌの1品種で、狐(きつね)狩りに用いられる中形のハウンドである。この狩りは、銃器を用いず、騎馬の狩人(かりゅうど)と一群のフォックスハウンドがキツネを追い出し、狩り立てる。原産地はイギリスで、18世紀の初期にはすでに現在のようなタイプになっていた。持久力に富み、気象条件がよければ、ウマを率いて120キロメートルも走るといわれる。イングリッシュフォックスハウンドを基にして、アメリカで改良されたものにアメリカンフォックスハウンドがある。両者ともに毛色は白、黒、褐色のハウンドカラー、白地に褐色の斑(はん)などである。短毛、差し尾、垂れ耳。大きさは、イングリッシュで体高55~60センチメートル、体重27~31.5キログラム、アメリカンでは体高53~64センチメートル、体重27キログラムである。[増井光子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォックスハウンドの関連キーワードアフガンハウンドチャウチャウフォックステリアオッターハウンド狐狩りハウンドツースイストリアン・スムースコーテッド・ハウンドバセット・ハウンドブルーノ・ジュラ・ハウンドヘレニック・ハウンド

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォックスハウンドの関連情報