フォッケウルフFw190D/ラングナーゼン・ドーラ

デジタル大辞泉プラスの解説

フォッケウルフFw190D/ラングナーゼン・ドーラ

ドイツ産の戦闘機。初飛行は1939年。D-9型の最高速度は時速686キロメートル。「フォッケウルフFw190ビュルガー」のD型。愛称の「ラングナーゼン・ドーラ」はドイツ語で“長っ鼻のドーラ”ので、Fw190よりも機首が長くなったことからこう呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android