コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォトニック結晶(読み)ふぉとにっくけっしょう(英語表記)photonic crystal

知恵蔵の解説

フォトニック結晶

結晶格子中の電子の波に対応させて、光の波について屈折率の周期構造を導入した結晶。普通の結晶においては原子が周期的に配列しており、電子はそのエネルギーによって原子に束縛されたり、あるいは結晶全体内を波として伝播したりするが、フォトニック結晶は、これを光の波として実現する。材料本来の固有の屈折率を構造設計により制御することが可能であり、また光の閉じ込めも実現できる。このため、レーザー共振器や波長多重通信における分波器あるいは超微小光集積回路への応用が期待されている。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

フォトニック‐けっしょう〔‐ケツシヤウ〕【フォトニック結晶】

異なる屈折率を持つ部分が周期的に配された構造体。2種類以上の材料、または1種類の材料と空隙によって数百ナノメートル程度の周期構造をもたせたものを指す。低損失のまま光の道筋を急激に変えたり、わずかな波長の違いによって屈折角が大きく変化したりする性質を持つ。光デバイス光コンピューターへの応用が期待されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android