フォークボール

精選版 日本国語大辞典「フォークボール」の解説

フォーク‐ボール

〘名〙 (fork ball) 野球で、投手がひろげた人さし指と中指でボールをはさんで投げる種。打者の手元で不規則に落ちる。〔熱球三十年(1934)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のフォークボールの言及

【野球】より

…また先行走者をアウトにしようと野手が他の塁へ送球したすきをついて打者が余分の進塁をした場合,走者が盗塁を企てたのに守備側が無関心でなんら守備行為をしない間に進塁した場合,いずれも記録上は野選による進塁という。 フォークボール食器のフォークのように人差指と中指の間にボールをはさんで投げる投手の投球。打者の手もとでボールが急に不規則に落ちる。…

※「フォークボール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android