コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーシャール フォーシャール Fauchard, Pierre

2件 の用語解説(フォーシャールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーシャール
フォーシャール
Fauchard, Pierre

[生]1678. ブルターニュ
[没]1761. パリ
フランスの歯科医。近代歯科医学の父といわれる。 1728年に世界で最初の本格的な歯科医学書『外科歯科医』 Le chirurgien dentisteを出版し,歯科学の発展に大いに貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォーシャール
ふぉーしゃーる
Pierre Fauchard
(1678―1761)

フランスの歯科医学者。ブルターニュに生まれ、長じて海軍軍医見習生となり、外科の基礎と歯科診療を学んだ。海軍を退職してアンジェで歯科を開業した。この地で20年間歯科医療に従事し、40歳のときパリに移って歯科診療所を開設した。1728年に、彼の歯科臨床経験の集大成として『外科歯科医』Le Chirurgien Dentiste, ou Trait des dentsを出版した。これは歯科医学の百科事典ともいうべきもので、当時の歯科医術の発展に著しく貢献した。1733年にはドイツ語に翻訳され『フランスの歯科医師』Der Franzsische Zahnarztとしてベルリンで出版され、1946年には英訳されている。近世歯科医学の祖として尊敬されている。[本間邦則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォーシャールの関連キーワードブルターニュキブロンブルターニュ半島ラ岬グリフォン・フォーヴ・ド・ブルターニュバセー・フォーブ・ド・ブルターニュバス・ブルターニュブルターニュ公ブルターニュ公国ブルターニュ地方

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone