フォーシャール(英語表記)Fauchard, Pierre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーシャール
Fauchard, Pierre

[生]1678. ブルターニュ
[没]1761. パリ
フランスの歯科医。近代歯科医学の父といわれる。 1728年に世界で最初の本格的な歯科医学書『外科歯科医』 Le chirurgien dentisteを出版し,歯科学の発展に大いに貢献した。義歯や歯科補綴術のいろいろな用具の発明者であり,歯や歯並びの異常や不正咬合を正したり,予防したりする矯正歯科学の創始者でもあった。歯槽膿漏は彼が初めて記載したので,フォーシャール病ともいわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォーシャール
ふぉーしゃーる
Pierre Fauchard
(1678―1761)

フランスの歯科医学者。ブルターニュに生まれ、長じて海軍軍医見習生となり、外科の基礎と歯科診療を学んだ。海軍を退職してアンジェで歯科を開業した。この地で20年間歯科医療に従事し、40歳のときパリに移って歯科診療所を開設した。1728年に、彼の歯科臨床経験の集大成として『外科歯科医』Le Chirurgien Dentiste, ou Trait des dentsを出版した。これは歯科医学の百科事典ともいうべきもので、当時の歯科医術の発展に著しく貢献した。1733年にはドイツ語に翻訳され『フランスの歯科医師』Der Franzsische Zahnarztとしてベルリンで出版され、1946年には英訳されている。近世歯科医学の祖として尊敬されている。[本間邦則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android