コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーシャール フォーシャールFauchard, Pierre

2件 の用語解説(フォーシャールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーシャール
フォーシャール
Fauchard, Pierre

[生]1678. ブルターニュ
[没]1761. パリ
フランスの歯科医。近代歯科医学の父といわれる。 1728年に世界で最初の本格的な歯科医学書『外科歯科医』 Le chirurgien dentisteを出版し,歯科学の発展に大いに貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォーシャール
ふぉーしゃーる
Pierre Fauchard
(1678―1761)

フランスの歯科医学者。ブルターニュに生まれ、長じて海軍軍医見習生となり、外科の基礎と歯科診療を学んだ。海軍を退職してアンジェで歯科を開業した。この地で20年間歯科医療に従事し、40歳のときパリに移って歯科診療所を開設した。1728年に、彼の歯科臨床経験の集大成として『外科歯科医』Le Chirurgien Dentiste, ou Trait des dentsを出版した。これは歯科医学の百科事典ともいうべきもので、当時の歯科医術の発展に著しく貢献した。1733年にはドイツ語に翻訳され『フランスの歯科医師』Der Franzsische Zahnarztとしてベルリンで出版され、1946年には英訳されている。近世歯科医学の祖として尊敬されている。[本間邦則]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フォーシャールの関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ恋愛小説叙勲日本酒の消費量猪飼敬所いろは新助蔡温杉浦乗意三国節

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone