コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フシミズカビ(節水黴) フシミズカビLeptomitus lacteus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フシミズカビ(節水黴)
フシミズカビ
Leptomitus lacteus

藻菌類卵菌類フシミズカビ目。かなり有機物を含んだ流水,たとえば醸造工場の排水溝のようなところに発生する。外観は古い絹綿を水に漬けたような糸状体で軟らかく,ぬめりけがある。太さ 12~32μmで多少分枝し,ところどころ,特に分枝の出るところにくびれのある節を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android