フセイニー(読み)ふせいにー(英語表記)Amīn al-Husaynī

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フセイニー
ふせいにー
Amn al-usayn
(1897―1974)

パレスチナ・アラブの政治的・宗教的指導者。パレスチナにユダヤ人国家ができることに徹底して反対した人物。イスラム教徒。エルサレムの名家フセイニー家に生まれる。カイロのアズハル大学中退。1918年にパレスチナがイギリス軍政下に置かれると、一時期イギリス軍政下で官吏として働く。1920年エルサレムで反ユダヤ・デモを共謀した疑いをかけられトランスヨルダンに逃亡する。恩赦で帰国し、1921年イギリス高等弁務官によりエルサレムのムフティ(イスラム教大法官)に任命された。1922年パレスチナ・イスラム教徒最高評議会の議長を兼ねる。1929年の「嘆きの壁事件」(ユダヤ教徒襲撃事件)や1936年の「アラブの蜂起(ほうき)」などを指導。1937年アラブ人とユダヤ人との衝突を扇動したかどで捕らえられたあと逃亡し、シリア、イラクなどに移る。第二次世界大戦が起こるとドイツに渡り、反英宣伝活動に従事した。戦後エジプトに逃れ、1948年のパレスチナ戦争のあと、一時、全パレスチナの解放を試みるが失敗する。1960年代初めにはレバノンに移り、1962年世界イスラム大会の議長を務めたあと、公的活動を引退した。1974年7月4日死去。[木村喜博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android