コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フゾバクテリウム Fusobacterium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フゾバクテリウム
Fusobacterium

真正細菌類バクテロイデス科の1属。糖を分解して酪酸をつくる細菌。ヒトおよび他の動物の口腔,消化管内に存在する。したがって糞便から分離された記録もある。細胞は桿状またはやや曲った桿状で両端はとがっている。単独生活をするもの,2個ずつつながっているもの,数個が短い鎖状になっているものなどがある。ある種では細胞の両端が震え,体全体が運動をすることがある。グラム陰性で嫌気性的。ときとして壊疽病原となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フゾバクテリウムの関連キーワードスフェロフォルス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フゾバクテリウムの関連情報