コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壊疽 えそ gangrene

翻訳|gangrene

6件 の用語解説(壊疽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壊疽
えそ
gangrene

壊死の一種。壊死に陥った組織が,乾燥や感染などで2次的変化を受け,性状や外観が著しく変ったものをいう。一般に壊疽または脱疽といわれるのは湿性壊疽で,壊死巣が腐敗したものをいう。これは嫌気性の腐敗菌によることが多く,病変部位は泥状できたなく,異臭を放つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

え‐そ〔ヱ‐〕【×疽】

壊死(えし)の状態から、腐敗菌感染などのためにさらに悪化したもの。脱疽(だっそ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

壊疽【えそ】

脱疽とも。壊死の一種で,壊死に陥った組織が腐敗菌による感染を受けて腐敗し,黒変して悪臭を放つもの。原因別には,火傷,凍傷などによるもの,自律神経障害によるもの,ガス壊疽・丹毒など細菌性のもの,血行障害によるものなど。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えそ【壊疽 gangrene】

壊死(えし)に陥った組織が腐敗菌による感染を受けて腐敗し,黒変して悪臭を放つようになったものをいう。古くからの用語。起炎菌としては嫌気性菌クロストリジウムが最も多い。糖分を融解してガスを発生する場合には,ガス壊疽ということがある。腸管の壊死は,放置すれば必ず壊疽に陥る。虫垂炎も放置すれば壊疽性となる。壊疽に陥りやすいのはほかに,肺,子宮,手足の指など,外界と連絡のあるものに限られる。本来の壊疽は腐敗・融解を起こす湿性の病変であるが,血管閉塞によって足指が壊死に陥り,感染を受けることなく,その部位が乾燥して黒色になることがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えそ【壊疽】

局所的に壊死えしした組織の表面が黒変した状態。脱疽。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壊疽
えそ

壊死(えし)に陥った組織に、腐敗菌の感染や乾燥などによる二次的変化がおきた場合をいう。壊死組織が腐敗菌の感染を受けると緑黒色を呈し、汚くなり、悪臭を放つようになる。これを湿性壊疽とよぶ。炎症の病巣にも腐敗菌の感染がおこることがあり、この場合はタンパク質の腐敗により硫化水素H2Sが遊離されるので病巣は崩れ、汚く、非常に臭い状態となり、壊疽性炎といわれる。この病状の代表としては肺壊疽があげられる。肺壊疽は肺炎、肺癌(がん)、気管支拡張症などに引き続いておこり、紡錘状菌、スピロヘータなどの混合感染によることが多く、悪臭の強い喀痰(かくたん)は放置すると数層に分かれる。最近、肺壊疽は、臨床的には肺膿瘍(のうよう)と一括して肺化膿症とよばれている。また、壊疽の特殊なものとしてガス壊疽がある。深い刺創、裂創、複雑骨折などの外傷にウェルチ菌が感染しておこる嫌気性細菌性筋炎のことで、筋肉の壊死、局所の捻髪(ねんぱつ)音、酸性臭などを特徴としている。湿性壊疽に対して乾性壊疽もあるが、これは壊死組織が乾燥した状態のもので、ミイラ化ともよばれている。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

壊疽の関連キーワード壊死カリエス褥瘡膿瘍肺壊疽器質化膵臓壊死腐骨腐敗菌腐敗アミン

今日のキーワード

参院選の日程

改選議員が任期満了を迎える7月25日の前30日以内に実施される。参院選を「18歳選挙」の対象とするためには6月20日以降の公示とする必要がある。投票日を通例の日曜日とすれば、候補は7月10日、17日、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壊疽の関連情報