コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酪酸 らくさんbutyric acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酪酸
らくさん
butyric acid

炭素原子数4個の直鎖の一塩基飽和脂肪酸。化学式 CH3(CH2)2COOH 。腐敗臭をもった無色の油状液体。糖類や乳酸の発酵によって生じる。水に可溶。沸点 162℃。炭水化物や乳酸の酪酸発酵によって生成する。天然には家畜の乳脂中にわずかに存在する。合成香料用エステルの原料やワニスの製造に用いられる。異性体にイソ酪酸 CH3CH(CH3)COOH がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

らく‐さん【酪酸】

有機酸の一。不快臭をもつ油状の液体。正酸・イソ酪酸の2種の異性体がある。正酪酸CH3CH2CH2COOHは、バターなどにグリセリンエステルとして含まれ、酪酸菌発酵によっても生成。水・エタノールに溶ける。合成香料などの原料。イソ酪酸(CH32CHCOOHは、植物中に遊離酸またはエステルとして存在。水に溶けにくい。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

酪酸【らくさん】

n‐酪酸CH3CH2CH2COOHとイソ酪酸(CH32CHCOOHの2異性体がある。n‐酪酸は特有のにおいをもつ無色の液体で,融点−5.26℃,沸点164.05℃。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

酪酸

 C4H8O2 (mw88.11).

 特有の臭気をもつ常温で液体の化合物.着香剤として使われる食品添加物.バター脂などに含まれる.反すう動物では,反すう胃内の微生物によって作られる.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らくさん【酪酸 butyric acid】

脂肪族カルボン酸の一つで,n‐酪酸CH3CH2CH2COOHとイソ酪酸(CH3)2CHCOOHの2異性体がある。n‐酪酸はバターに含まれるので,発見者であるフランスのM.E.シュブルールによって,バターのラテン語būtӯrumから命名された。和名の酪酸も牛酪(バター)からとられた。 n‐酪酸はグリセリンエステルとしてウシやヤギなどの家畜の乳脂中に含まれている。融点-5.26℃,沸点164.05℃の腐敗臭をもつ無色の液体。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

らくさん【酪酸】

ブタノールの酸化によって得られる不快な酸敗臭をもつ油状の液体。化学式 C3H7COOH バターなどの乳脂肪中にグリセリドとして含まれる。酪酸菌による糖類の酪酸発酵によっても生成する。香料の合成原料などに用いる。ブタン酸。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酪酸
らくさん
butyric acid

脂肪族カルボン酸の一つ。酪酸(正酪酸、n-酪酸)とイソ酪酸の二つの異性体がある。いずれも水溶液は酸性を示す。酪酸はブタン酸ともよばれる。不快なにおいをもつ無色の液体で、水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルのいずれとも任意の割合で混じり合う。グリセリドとしてバターなどの動物の乳脂中に含まれているほか、いろいろなアルコールのエステルとして植物精油中にもみいだされる。草食性哺乳類(ほにゅうるい)は、消化器中におけるセルロースやヘミセルロースなどの炭水化物の酪酸菌による発酵で酪酸を合成して、栄養源としている。工業的には、ブタノール(ブチルアルコール)やブチルアルデヒドを酸化して合成している。この酸化を実験室的に行うには、酸化剤として過マンガン酸カリウムを用いる。合成香料、ワニスの製造原料となる。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

酪酸の関連キーワードシステインデスルフヒドラーゼイソ酪酸(データノート)アセチルブチルセルロースフィーカリバクテリウムメチオニン吸収不良症候アセトンブタノール発酵生分解性プラスチック酪酸(データノート)β酢酸酪酸セルロースキルシュネル価γヒドロキシ酪酸ギャバロン茶シュブルール神経伝達物質γアミノ酪酸パスツールケトーシス短鎖脂肪酸

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酪酸の関連情報