コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ化黒鉛 フッかこくえんgraphite fluoride

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ化黒鉛
フッかこくえん
graphite fluoride

炭素とフッ素原子から成る黒鉛構造型の白色固体。フッ化炭素 carbon fluorideともいうが,フルオロカーボンと混同されやすく,構造上からもフッ化黒鉛が一般的である。現在,(CF)n と (C2F)n が安定な化合物として合成されている。前者は,O.ルフによって発見され (1934) ,後者は渡辺信淳らによって発見された (75) 。ともに,表面エネルギーがきわめて低く,層状化合物で層間の結合が弱く,熱・薬品に強いという特徴をもつ。撥水・撥油 (防水・防汚) 剤,潤滑剤および潤滑向上剤 (摩擦係数がきわめて低い) ,離型剤および離型向上剤 (焼付きがない) ,電池用正極活物質などに用いられている。ニッケルまたはモネル製の反応器 (400℃以下ではアルミニウム製でも可) により,炭素材とフッ素による直接反応で得られる。反応温度は (CF)n で 600℃,(C2F)n で 400℃である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フッ化黒鉛の関連キーワードリチウム電池一次電池焼付き

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android