コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ素錠 フッそじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ素錠
フッそじょう

歯の形成期フッ化物を長期間,大量に摂取すると斑状歯になるが,適当量であると,歯質が酸に対して抵抗性になるといわれる。これをう蝕(虫歯)予防に応用して,歯の形成期に毎日一定量のフッ素錠を服用させる。その効果は 20~40%といわれる。個々人が対象となるので,上水道のフッ素化の場合のように地域社会的な問題はないが,飲み忘れて中途半端になりやすい。なお,錠剤服用ではなく,フッ化物溶液を歯冠に塗布することによって,同じ目的を果そうとする方法もある。ことに萌出直後の歯はフッ素の取込みがよいので,幼児に対して施行される。その予防効果は 30~40%といわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android