コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フッ素錠 フッそじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フッ素錠
フッそじょう

歯の形成期にフッ化物長期間,大量に摂取すると斑状歯になるが,適当量であると,歯質が酸に対して抵抗性になるといわれる。これをう蝕(虫歯)予防に応用して,歯の形成期に毎日一定量のフッ素錠を服用させる。その効果は 20~40%といわれる。個々人が対象となるので,上水道フッ素化の場合のように地域社会的な問題はないが,飲み忘れて中途半端になりやすい。なお,錠剤服用ではなく,フッ化物溶液を歯冠に塗布することによって,同じ目的を果そうとする方法もある。ことに萌出直後の歯はフッ素取込みがよいので,幼児に対して施行される。その予防効果は 30~40%といわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報