コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フナ属 フナぞくCarassius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フナ属
フナぞく
Carassius

魚類の分類,コイ目コイ科の一属。体は側扁し,頭部は比較的ずんぐりしており,口ひげがない。日本に最も普通の淡水魚。キンブナ,ギンブナなどがいる。また琵琶湖・淀川水系原産のゲンゴロウブナは体高が高く,体は灰白色で光沢があり,全長 60cmぐらいになる。釣魚として各地に移殖され,ヘラブナとも呼ばれる。キンギョ(金魚)は中国産 C. auratus auratus をもとにして改良し,つくりだしたもの。日本,アジア,ヨーロッパに分布し,アメリカ合衆国にも 1878年以降移殖された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フナ属の関連キーワードキンギョ(金魚)フナ(鮒)胡麻鮒本栖湖鮒・鯽フナ真鮒富那不奈

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android