フュシカ(英語表記)ta physika

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フュシカ
ta physika

ギリシア語としてはフュシスに関する諸論文を意味し,特にアリストテレス自然学に関する著作全体の総称。ラテン語では,特にアリストテレスの著書『自然学講義』の訳として用いられる。本書では質料を含む事物の学としての自然学が述べられ,運動,場所,時間,空虚,動因,不動の動者などが考察されていて,自然哲学の基礎をなすものである。 physicaはまた自然哲学の意で用いられ,あらゆる自然現象の原因を究明する学とされ,近世以降は自然科学,特に物理学の意味で用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフュシカの言及

【自然学】より

…彼は学問全体を,それぞれ理論,実践,制作にかかわる三つの部門に分類し,自然学を形而上学および数学とともに理論的部門に位置づけた。もともと〈自然学(フュシカ)〉というラテン語自体,この分野に関するアリストテレスの著作を総称的に指すために使われたギリシア語〈自然学的諸著述(タ・フュシカ)〉に由来する。彼によれば,〈自然(フュシス)〉とは事物の運動と静止の原理であり,これらの原理とその具体的現象形態を研究するのが自然学であった。…

※「フュシカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android