文化主義(読み)ブンカシュギ

  • ぶんかしゅぎ ブンクヮ‥
  • ぶんかしゅぎ〔ブンクワ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (ドイツ新理想主義哲学の影響を受けて大正後期に日本で用い始めた語) 人間生活の最高の目的を文化の向上に置き、文化価値の実現をめざしていこうとする立場。文化をすべてに優先させることによって、社会生活の規準とする立場。〔「文化主義」の論理(1919)〈左右田喜一郎〉〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文化主義の関連情報