フリソデダニ(読み)ふりそでだに(英語表記)large-winged mites

  • ふりそでだに / 振袖蜱

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

節足動物門クモ綱ダニ目フリソデダニ上科Galumnoideaのササラダニ類のダニの総称。この類は体の両側に大きなはねのようなもの(翼状突起)をもっており、これを上下に動かせるのでこの名がある。背面から見ると体は円形に近く、つやのある褐色ないし黒色で堅い。体長は0.3~0.9ミリメートル。ササラダニ類のなかではもっとも高等な部類とされる。森林の落葉下やコケの中、草原の表層土などにすみ、植物質の腐りかけたものを食べるが、樹上に登る種もある。フリソデダニ科、フクロフリソデダニ科、フリソデダニモドキ科の3科を含み、チビゲフリソデダニTrichogalumna nipponica、アラゲフリソデダニPergalumna intermediaなど、日本に35種以上いる。

[青木淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android