部類(読み)ぶるい

精選版 日本国語大辞典「部類」の解説

ぶ‐るい【部類】

〘名〙
① (━する) 種類によって分けること。また、種類による区別や区別したもの。部分け
古今(905‐914)真名序「於是重有詔。部類所奉之哥。勒為二十巻
※若き日(1943)〈広津和郎〉二「麻布の桜田町といへば東京中でも尤も高台の部類に属してゐる」
② 仲間。同類。
古事談(1212‐15頃)四「さては心やすしと云て被切けり、部類五人同切」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「部類」の解説

ぶ‐るい【部類】

種類によって分けた、その一つ一つのグループ。「優等生の部類に属する」
仲間。
「東西南北の―眷族けんぞく」〈・熊野の御本地〉
[類語]種目条項条目品目細目部門種類

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android