部類(読み)ぶるい

精選版 日本国語大辞典 「部類」の意味・読み・例文・類語

ぶ‐るい【部類】

〘名〙
① (━する) 種類によって分けること。また、種類による区別や区別したもの。部分け。
古今(905‐914)真名序「於是重有詔。部類所奉之哥。勒為二十巻
※若き日(1943)〈広津和郎〉二「麻布の桜田町といへば東京中でも尤も高台の部類に属してゐる」
仲間同類
古事談(1212‐15頃)四「さては心やすしと云て被切けり、部類五人同切」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「部類」の意味・読み・例文・類語

ぶ‐るい【部類】

種類によって分けた、その一つ一つグループ。「優等生部類に属する」
仲間。
東西南北の―眷族けんぞく」〈伽・熊野の御本地〉
[類語]種目条項条目品目細目部門種類

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android