コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリヒ1世(3世) フリードリヒいっせいさんせいFriedrich I(III)

1件 の用語解説(フリードリヒ1世(3世)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリードリヒ1世(3世)
フリードリヒいっせいさんせい
Friedrich I(III)

[生]1657.7.11. ケーニヒスベルク
[没]1713.2.25. ベルリン
フリードリヒ3世としてブランデンブルク選帝侯 (在位 1688~1713) ,プロシア王国初代の王 (在位 01~13) 。ホーエンツォレルン家のブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ウィルヘルム (大選帝侯) の子で,スペイン継承戦争の際,神聖ローマ皇帝レオポルト1世を援助する代償として,プロシアの王位を与えられ,1701年ケーニヒスベルクで戴冠した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フリードリヒ1世(3世)の関連キーワード火消地質学幡随院長兵衛幡随院長兵衛江戸吉原火の見やぐら新井白石今井似閑回向院

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone