コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリードリヒ1世(3世) フリードリヒいっせい[さんせい]Friedrich I(III)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フリードリヒ1世(3世)
フリードリヒいっせい[さんせい]
Friedrich I(III)

[生]1657.7.11. ケーニヒスベルク
[没]1713.2.25. ベルリン
フリードリヒ3世としてブランデンブルク選帝侯 (在位 1688~1713) ,プロシア王国初代の王 (在位 01~13) 。ホーエンツォレルン家のブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ウィルヘルム (大選帝侯) の子で,スペイン継承戦争の際,神聖ローマ皇帝レオポルト1世を援助する代償として,プロシアの王位を与えられ,1701年ケーニヒスベルクで戴冠した。政治的には無能で,寵臣に左右され,フランス風の宮廷を営んで財政を悪化させたが,ハノーバー公家から迎えた妃ゾフィー・シャルロッテのために華麗なシャルロッテンブルク宮を造営し,また学問好きのゾフィーがベルリンに科学アカデミーを創設するのを助けるなど,文化史的には名を残している。またこの王のもとでハレ大学を中心に「敬虔主義」と呼ばれる革新的なプロテスタンティズムの運動が起った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フリードリヒ1世(3世)の関連キーワードフリードリヒ・ウィルヘルム1世ブランデンブルク辺境伯領ダンケルマン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android