コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルクタン fructan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フルクタン
fructan

フルクトース (果糖) の重合により生じた多糖類の総称。一般に水に易溶の白色粉末である。種々の植物 (特にキク科とイネ科) の根,茎,葉,種子に貯蔵炭水化物として含まれる。加水分解してD-フルクトースを製造するのに使われる。イヌリンなどが代表的なものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

フルクタン

 フルクトサンは旧称.D-フルクトースの重合体で,フルクトースがβ2→1で結合したイヌリン型と,β2→6で結合したレバン型がある.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

フルクタンの関連キーワードイヌリナーゼ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フルクタンの関連情報